宮古島の海ガメについて詳しく解説!

scroll
宮古島
海ガメの楽園 宮古島

宮古島ウミガメガイド

宮古島の海で
海ガメに出会える!

宮古島の海でシュノーケリングをするなら
絶対見たいのが「ウミガメ」ですよね。
ウミガメは絶滅危惧種になっているので、
出会えることはとても貴重なのですが、
宮古島にはウミガメが多く生息しているので、
高確率で一緒に泳ぐことができます。



宮古島で出会えるウミガメ

宮古島で出会えるウミガメ

沖縄言葉でウミガメは「がーみー」と呼ばれています。
宮古島にいちばん多く生息しているのは
アオウミガメ 「みじがーみー」です。
まれにタイマイ「がらさーがーみー」に会えることも?


  • アオウミガメ

    アオウミガメ

    アオウミガメは、海草や海藻を食べるためにくちばしがギザギザしています。

  • タイマイ

    タイマイ

    タイマイは、珊瑚の隙間にいる海綿動物を食べるためにくちばしがとがっていて、顔もほっそり。

宮古島でシュノーケリング中に遭遇するウミガメは
アオウミガメ9割:タイマイ1割ほどの確率です。


アオウミガメ

アオウミガメ

タイマイ

タイマイ

アオウミガメ

アオウミガメ

タイマイ

タイマイ

アオウミガメ

アオウミガメ

アオウミガメ

アオウミガメ

アオウミガメ

アオウミガメ

アオウミガメ

アオウミガメ

タイマイ

タイマイ

タイマイ

タイマイ

アオウミガメ

アオウミガメ

アオウミガメ

アオウミガメ

アオウミガメ

アオウミガメ

タイマイ

タイマイ



Movie

宮古島の海で会えるウミガメの特徴
再生ボタン

宮古島の海で会えるウミガメの特徴

遭遇率98%!宮古島で海亀と泳ごう
再生ボタン

遭遇率98%!宮古島で海亀と泳ごう

野生の海ガメを綺麗に撮影するコツ
再生ボタン

野生の海ガメを綺麗に撮影するコツ


»動画ギャラリーを見る



宮古島で会えるウミガメの大きさ

宮古島で会えるウミガメの大きさ

卵から孵化したばかりのウミガメはわずか数センチ。
小さな体で砂浜を歩いて沖をめざし、クラゲなどを食べながら数年間、沖で暮らします。

宮古島で会えるウミガメの大きさ

体が40cmほどに成長したウミガメは浅瀬で暮らすようになります。

体が80cmくらいまで大きくなるとオスはしっぽが長くなり、
オスとメスの区別がつくようになります。

成熟するまで20年くらいかかり、70~100年ほど生きられるといわれています。

宮古島でシュノーケル中に出会うウミガメは、60cm~80cmほどの個体が多いです。



ウミガメの体のしくみ

ウミガメの体のしくみ

~呼吸もゆったり~

ウミガメは人間と同じ肺呼吸で生きています。

ウミガメの息つぎ

タイミングが合えばこのような写真を
撮ることも可能です。

起きている時でも20分ほど息をとめて潜っていられるのは代謝が低くてゆっくり泳いでいるから。

水面から顔を出し、鼻からピュッと海水を出して息つぎをする姿が水面から見られますよ。



ウミガメに会える時間帯

宮古島でウミガメに会える時間帯

宮古島のウミガメたちは浅瀬の藻場で食事をしていることが多いです。
ウミガメの食事時間が決まってはいませんが、干潮時の方が比較的に会いやすいと言われています。

ウミガメの食事時間

ツアーでないとウミガメと会えない訳ではありません。
しかし、宮古島のビーチには特有の潮流が発生することがあり、
素人判断では危険が伴う可能性もあるのでツアーでの参加をオススメします!


宮古島でウミガメに出会える
おすすめツアーをご紹介!

宮古島でウミガメと泳げるシュノーケルツアーや宮古島の大自然を感じられるオススメツアーをご紹介します。


宮古島感動体験!ウミガメと泳ぐシュノーケル

»詳細はこちらから

ウミガメシュノーケル&サンゴシュノーケル

»詳細はこちらから

ウミガメシュノーケル&サンセットカヤック

»詳細はこちらから



page-top